割増融資ってなんですか?

割増融資って聞いたことあります?割増だからちょっと融資金が増えるとかそんなイメージが浮かびます
けど、どんな融資の事なのでしょうか?割増融資ってなんなのかを調べました。

割増融資というのは旧住宅金融公庫融資に設けられていた制度だそうで、基本の融資額に加えて受けられ
る融資の事だそうです。ただ住宅金融支援機構に以降する際に原則割増融資は廃止されたそうです。

現在では一定の条件を満たす人限定で住宅再建積立者や住宅積立郵便貯蓄積立者を利用している人のみが
割増融資を受けられるそうです。元々は住宅金融公庫融資でバリアフリーや省エネなどの一定の条件を満
たした場合に割増融資が受けられたそうですね。

割増融資を受けられる条件としては長寿社会対応住宅(いわゆるバリアフリー)をする場合に150万円など
や高齢者対応設備設置工事の場合には100万円等の基準が設けられていたそうです。

また環境共生住宅割増融資に関して言えば、省エネルギー住宅工事(一般型)開口部断熱ありの場合は100
万円、省エネルギー住宅工事(一般型)開口部断熱なしの場合には50万円などの割増融資が受けれたそうで
す。

この様に住宅の改良や環境に対してのリフォームなどに対して割増融資が受けられたので、住宅金融公庫で
住宅ローンを組んでいた人は割増融資を結構利用していたようです。

即日融資などに関してはこのサイトも参考になりますよ⇒http://即日に借入したい.biz/

メールローンってなんですか?

郵送で申込を行う融資のことをメールローンといい、ローン契約が成立することによって自身が指定する口座に融資額が入金される消費者ローンの一つです。
それではそんなメールローンのシステムについて具体的に説明させていただきます。
まず最初に、銀行や信用金庫、信用組合等といった預金者、またクレジットカードのカード会員などといった機関が、指定された申込用紙に必要事項を明記し、カード会社宛に郵送します。
そしてその後、基本的な審査が行われ、ローン契約が成立します。
最後に自分が指定した口座に、直接振り込みによって融資が行われるシステムです。
郵送だけで申し込みをすることが可能なため、店舗窓口などに足を運ぶ必要が無く、振り込みで融資されることから、申込みの手間を省きたい人、または仕事などで忙しい人にとりましては嬉しいサービスと言えるでしょう。
ただ、メールローンは即日融資が可能という訳ではありません。
しかしメールローンは使用用途が自由の「フリーローン」にて提供されることが多くなっています。
最近におきましては、インターネットで申込みをして、審査をした後、指定口座に融資希望額が振り込みされる「ネットキャッシング」が注目されています。
このネットキャッシングについても、利用ツールが異なっているだけで、基本的にはメールローンと同様のシステムとなります。
 

売渡担保ってなんなの?

売渡担保とはお金を借りる人が、所有する不動産の物権や時計や貴金属などを融資先に一度売って、販売代金を融資の代わりに受け取るシステムです。

しかし、物件を売り払った訳でもありません。

債権者と申込者との間では、約束した期限までに、いくら支払うという約束が交わされます。

約束した期限までに支払いが完了すれば、該当担保物権を買い戻すことができます。

あとで必ずお金を支払うので必ず返してください、という融資方法ですね。

必ず買い戻す約束は交わしますが、支払いを完済できない場合、買い戻すことができなくなるだけです。

債権者側は物件を抑えているので、リスクは低いです。

ただ、信用できない債権者と取引をしてしまうと。

約束の期日までに支払うと言っているにもかかわらず、物件を第三者に売却してしまうこともあるようです。

取引をする相手は十分に見極めてから行いましょうね。

また、売渡担保に似たような言葉に「譲渡担保」というものがあります。

譲渡担保は、売買の形式を取らずに、担保目的で所有権だけ譲渡させることを言います。

お金を支払わないと。この物件を売りますよということを意味しています。申し込みをする人にとって売渡担保のほうが厳しい内容ですね。

親子リレー返済ってなんですか?

住宅ローンの中には親子リレー返済というものがありますが、これはどのようなものなのでしょうか?

親子リレー返済とは、その名前の通りに親子がリレー形式で住宅ローンの返済をすることです。

住宅ローンには公庫融資と銀行融資がありますが、いずれの場合も必ず年齢制限が設けられています。

60歳を過ぎている場合は最長でも20年までしかローンを組むことができないため、たとえ審査に通っても、返済期間が短くなって、毎月の返済額が多くなってしまいます。
しかし親子でリレー形式で住宅ローンを組むことで、申し込み本人の年齢に関係なく、長期間の返済ができるようになります。

親子リレーローンを組むためには、借入する機関によっていろいろな条件が付けられていて、親子で同居する新築の住宅に限ってしか利用できないとか、子供は60歳未満であって定期的な収入がなければいけないとか、公庫融資の場合には、現在公庫融資を受けていないなどの条件があります。

最近では子供世帯と親世帯で別々の家に住むケースが目立っていますが、住宅ローンの借入額を増やしたい場合は親子リレーローンを組むことがおすすめとなっていて、そうすることで親世帯とも同居できるようになり、子供の面倒も遠慮なく見てもらえるようになるでしょう。

外国人は消費者金融でお金を借入れできる?

国際化社会となり、ここ日本でも数多くの外国人が訪れてきています。

観光や仕事、移住など人により目的は異なりますが、年々増加傾向にあります。

さてそこで疑問に思うことが「外国人でも消費者金融を利用することが出来るのか?」ということです。

ここでは、外国人の消費者金融の利用方法について簡単にご説明します。

消費者金融では外国人に対しても融資を提供しています。

ただし融資をしてもらうためには、いくつかの条件があります。

まず日本国内で仕事をしていて、毎月安定した収入があるということです。

このことから観光目的で来日している外国人の申込みは出来ません。

これに関しては日本人と同様であり、審査基準も同じです。

そして必要書類です。日本人の場合、原則運転免許証などの個人証明書があれば少額融資は可能ですが、外国人の場合は、就労ビザや永住証明、パスポートなども用意する必要があります。

申込時になって慌ててしまわないためにも、予め用意しておくと良いでしょう。

最後に「日本語能力」です。日本国内に住んでいて仕事をしていればある程度の日本語を喋ることができ、理解することも出来るでしょう。しかし消費者金融に申込みをする時には、会話だけではなく、字の読み書きも必要です。

消費者金融では日本語の契約書しか用意されていませんので、この契約書の内容を理解することが出来なければ融資を受けられません。

通訳と一緒に申込みをすることも禁止されています。

つまり、日本語で会話をすることができ、尚且つ契約書の文章を理解し、日本語で申込み書に記入する能力が必要になります。

多少ハードルが高いかもしれませんが、消費者金融では外国人に対しても融資をしているので、必要の際には是非とも有効的に利用してみてください。

プロフィール

Author:ヨーガト

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By mmm.Me

Powered By mmm.Me

 X 閉じる
MORK